2010年12月03日

上関その後

久しぶりの更新です。
まず、上関のその後をお知らせいたします。

10月15日から上関田ノ浦に停泊していた台船は、祝島の人々や、虹のカヤック隊の阻止行動等のおかげで、
10月25日作業できぬまま港に帰ったそうです。

その後11月16日にも台船が石を山と積んで来ましたが、同じく何もできぬまま11月26日の深夜2時ごろ引き上げたそうです。

引き上げたときのニュース ↓↓



今も、監視、抗議行動は続いています。
現地で阻止行動を続けられたみなさま、本当にお疲れ様です。

この間、東京でもいくつかのアクションがありました。

10/17土と平和の祭典で、チラシ配布と署名活動をしました。
「ミツバチの羽音と地球の回転」のブースを拠点に呼びかけたのですが、
祝島の人々が上関の原発計画を体をはって止めていることを、
知らない人が多いのを実感しました。

10/20中国電力東京支社へ、田ノ浦の工事中止申し入れ行動とチラシ配りをしました。
20名ほどの団体の代表や個人が集まり、東京支社の担当者に工事中止を申し入れました。
中電の担当者さんは、応接室に私たちを受け入れ対応してくださいましたが、一貫して「本社に申し伝えることしかできません。」とのことでした。
私も、瀬戸内うみすずめ会として、申し入れ書を渡してきました。

11 月にも、「東京で瀬戸内三昧だ〜!」っていうほうど、講演会や集会が次々と開催されました。
参加者も多く、この問題が少しずつ東京でも広まってきているのを感じます。

今、発売中の「DAYS JAPAN 12月号」
上関 長島の素晴らしい風景、生き物の写真がたくさん載っています。
ぜひお買い求めください。 ↓↓

デイズジャパン小.jpg 

A4より大きいもんだから画像が切れちゃった。
ご容赦くださいませ。
posted by ウミスルメ at 10:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

田ノ浦緊急レポート

昨日、上関関連の院内集会と市民集会に参加しました。
夜の市民集会での、祝島から来られた山戸さんの報告は緊迫したものでした。

「この最近、中電の作業台船が港を出て田ノ浦まで行かず途中で引き返すという妙な動きがありました。
先ほど届いたメールによると、今日田ノ浦の工事現場から中和剤か何かの白い液体が大量に海に流され、監視していた祝島の者が注意したけれど、対処する様子がない。そのため島の人たちが懸命に土嚢などで汚水が流出する穴をふさいでいたら、やっとでて来て補修にとりかかったということです。
明日あたり、作業に取り掛かるのではないかという情報もあります。」

山戸さんの前には、海藻研究所の新井さんと長島の自然を守る会の高島さんから、田ノ浦に生きている希少な生物たちのことを、すばらしい映像や写真で紹介されたばかりです。
そんな海に、化学物質を大量に流すなんて!

下に緊急レポートを転載させていただきました。

私も今日、ファックスを1件送りました。


【緊急】【転載・転送歓迎】「上関原発」現地・田ノ浦より緊急レポート

明日15日、中国電力が田ノ浦の海岸部において大規模な作業を行う可能性が高いという情報が入りました。

中国電力は今後、海岸部の入口にフェンスを張って入れないようにする計画をしています。
そうなれば、みんなが自由に海で泳いだり、自然観察をすることもできなくなってしまいます。

海岸部の工事に加え、海の埋め立て工事も同時に始める可能性があります。

地元住民や全国の100万人に届く程の声(反対署名)を無視して強引に作業を進めようとしています。

そこで、みなさんにお願いがあります!

1. 現地へ向かう
  田ノ浦に多くの人がいるだけで、「海を埋め立ててほしくない」という意思表示にもなりますし、中国電力による強引な作業もできなくなります。現地にいる人たちの励みにもなります。
  食料、水などを持参して集まってくれれば、とても助かります。

2. 中国電力、山口県知事、電話、FAX、メールで作業をやめるよう促してください!
3. 周りの方やマスコミや政治家にも情報をつなげ、現地に力添えください。
※ 現地に向かえない方達の各地から声が届けば、大きな力になります。

よろしくお願い致します。

中国電力
TEL 082-241-0211
FAX 082-523-6185

中国電力 上関原発準備事務所
0820-62-1111

山口県知事への提言
TEL 083-933-2570
FAX 083-933-2599
メールフォーム


昨日、中国電力は汚水を田ノ浦に流しましたが、その説明もなされていません↓
http://www.youtube.com/watch?v=t4x4PUjaHTc

先月9月9日には周囲に告知することなく夜間に作業台船を動かしました↓
http://www.youtube.com/watch?v=AEhZK0UF9G4

昨年11月には、クレーン台船が、祝島の漁船やシーカヤックがいる中でコンクリートを落とす作業を強行。結果、負傷者を出す事態になりました↓
http://www.youtube.com/watch?v=LcTr27HfZM8


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
写真がないのはさびしいので、おまけです。
数年前に牛窓で撮った写真です。

DSC01355.JPG
posted by ウミスルメ at 00:35| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

キノコの宴と「祝の島」

昨日、西多摩の山の中を歩き回ってキノコ狩をしました。
もちろん、キノコに詳しいM先生が一緒です。
みんな見つけたキノコを、得意げに先生に見せますが、
「それはドク」
「それは猛毒」
「これはドクはないけど苦くておいしくないよ」
と、ほとんどが食べられないキノコでした。
写真は毒キノコです。

DSC00030.JPG

私が採った食べられるキノコはキツネノチャブクロだけ・・・。
他の人が収穫したキノコは、タマゴダケ、コウタケ、サクラシメジ、ホウキダケなどなど。
山歩きの後はNさんちのあずまやで、キノコの宴。
キノコ汁にしたり、タマゴダケはバターで炒めたり、
スーパーで調達したマイタケやエリンギは天ぷらにしていただきました。
気候もよく、貴重な山の幸を堪能しました。

そのキノコの宴で、
私が祝島関連のイベントの紹介をして、
チラシを配ったときのことです。

「祝島の映画、昨日スクリーンのない上映会で観たよ!」
「松元ヒロさんの語りであったのよ。」
「船の上で島のおばさんが呼びかけるのよね。」
「そうそう、映像はなかったけどイメージできる。すごいよかったよね!」
一昨日子ども劇場のイベントに行ったEさんとNちゃんが、
口々に「祝の島」について語りはじめました。
「監督さんの名前が難しいのよね」
なんてことまで話していました。
上映会だけでなく、こんな形で多くの人々の心に伝わっているなんて、
すごいなと思いました。

西多摩の皆さん、
今度国立で上映会ありますよ。
「祝の島」上映と纐纈(はなぶさ)監督の講演会です。
10月7日までに要予約です。
お急ぎください。

10月17日(日)=東京国立
会場:国立公民館地下ホール(東京都国立市中1-15-1)
上映:開場12:45 開始13:00 終了14:45
講演:開演15:00 終演15:50

予約方法等、詳しくはこちら↓
http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/shisei/heiwa/003790.html

この機会に是非お出かけくださいね。

posted by ウミスルメ at 13:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

三日月の沈む彼方に

念願の、「瀬戸内海で夕日を見ながらビールを飲む」を実行しました〜!
といっても太陽は既に沈んでいましたが…
夕暮れ空にクッキリ浮かんだ三日月と金星?が美しかったです。

金星と月DSC00657.JPG

愛媛県側から海を見ているので、丁度お日様や三日月の沈む方角に上関、田の浦
、祝島があることになります。

4日前の9月9日夜8時から夜中にかけて夜間工事をしようとする中国電力に対し、
抗議行動が行われました。
例によってカヤック隊のアドレスに行ってみてください。
↓  ↓
http://ameblo.jp/nijinokayaker


posted by ウミスルメ at 15:50| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

スズメバチと中電の襲撃

瀬戸内うみすずめ会のHさんが、祝島の不老長寿マラソンのお手伝いに行ってその報告メールをくださいました。
なんとHさん、山道清掃の時、スズメバチに襲われ3箇所も刺されたそうです。
・・・・
生きててよかったです。
私の友人はスズメバチに2度目刺された時死にかけて救急車で運ばれたので、
3箇所も刺されて無事なんて信じられません。
Hさん曰く、2度目は危険だけど、3度目は免疫ができて大丈夫!?
ホントかな。
なにはともあれ生きててよかったです。

その報告メールの最後に
田ノ浦は今厳しい状況です。
と、一言。
おなじみの、虹のカヤック隊のアドレスが貼り付けてありました。
↓ ↓
http://ameblo.jp/nijinokayaker

9月1日の夜明け前、中電によってフェンスが設置されたそうです。



この猛暑の中、祝島の島民のみなさんや、虹のカヤック隊の皆さんは阻止行動を続けています。
posted by ウミスルメ at 00:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月24日

海に行きました〜!

海に行きました。

瀬戸内海は遠いので近場で、
といっても三浦半島の先っぽの城ヶ島まで行きました。
磯で海岸生物調査!?
アザミの花のような生物を発見しました。

DSC00632.JPG

触ろうと手を近づけると、ものすごいスピードで根元の筒の中に引っ込みます。
日陰にならないよう、静かに見ているとゆっくりと開き、ユラユラゆれてきれいです。

帰って海辺の生物図鑑で調べたら、どうやらゴカイの仲間のようです。
ゴカイって釣りのエサになるあの虫??
私、ゴカイのことを誤解していました。

今日はお月様が丸いので、大潮ですね。
先日の土日には瀬戸内海のあちこちで、海岸生物調査が行われたことでしょう。
環瀬戸内海会議のみなさん、お疲れ様です。
posted by ウミスルメ at 23:39| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

機関車先生

映画「祝の島」から帰る途中、立川の駅ナカの本屋で、「機関車先生」を買いました。
著者は伊集院静さん。
以前、上越新幹線で読んだ「トランヴェール」の巻頭エッセイで伊集院さんの出身が山口であると知って、読んでみたくなったのです。

機関車先生.jpg

「機関車先生」の舞台は、瀬戸内海の葉菜島。
1960年代の全校生徒7人の小学校の物語です。
地図を見ても葉菜島なんて島ありません。
山口県沖の架空の島の物語のようです。
読んでいると、ついさっき「祝の島」で観た島の子供たちの表情、子供たちを取り巻く島の人たちのまなざしがリアルに思い出されてきます。
瀬戸内の島の描写も美しいです。

文庫本ですが、漢字にはルビがふってあります。
中学生の剣道少年Mちゃんに薦めてみようと思います。

posted by ウミスルメ at 13:55| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

夏バテ帰省と「祝の島」

つい最近、愛媛の実家に帰ってきました。
福山での仕事のついでに2泊だけの帰省でしたが、
なんと、ほとんど布団に貼り付いて眠っていたという、夏バテ帰省。
いつものように、モンチッチ海岸で夕日を見ながらビールを飲もうと思っていたのに、
それどころではなかったです。
松山→福山は、しまなみ海道を高速バスで通過。
バスの窓から見た瀬戸内海は、遠かったです。
一応写真を撮ってみました。
この炎天下、自転車や徒歩で海にかかった長い橋を渡っている人たちが結構いらっしゃいました。
ヨレヨレの私には信じられない行動です。

しまなみ海道.JPG

一昨日、「祝の島」をやっと観ることができました。
すばらしい映画でした。
みごとに夏バテ帰省のもの足りなさを払拭してくれました。

美しい海の映像と島の風景には、静寂の風が吹いています。
瀬戸内の海辺に座って、夕日を見ているような気分になりました。
島の人々の生き方が伝わってきました。
それぞれが自分の流儀を貫いています。
女漁師の民ちゃん、かっこいいです。
日本中の人に見てもらいたいです。
全国上映情報のハガキが届いていました。
お近くの方は是非お出かけください。

祝の島上映スケジュール.jpg

東京のポレポレ東中野では8月14日〜20日までお休み。
8月21日〜9月10日まで1日1回19:00〜の上映のみとなります。
上映日にお気をつけください。
公式ホームページはこちら↓
http://www.hourinoshima.com/

posted by ウミスルメ at 16:47| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。