2014年08月10日

伊方原発

伊方原発
もし、ここで事故が起こったら佐田岬半島に住む人々は逃げることができません。
原発事故が起こるのは、津波や台風などの災害時が考えられるので、船で避難することは現実的ではありません。

P1070173.JPG

元首相の菅直人さんと、飯舘村の酪農家長谷川健一さんの伊方視察に同行した。
二人とも、炎天下、とても熱心に伊方原発とその周辺の集落を歩き回り、地元の人の声を真剣に聴いた。
本気で原発を止めようと動いているのだと感じた。

2014年7月27日 愛媛新聞朝刊
スキャン 21.jpeg

伊方原発の近隣の集落の多くは、急斜面に平たい石の石垣を築いて建っている。

石積みの階段を長々と登った先で、1人のおばあさんと出会った。
「伊方原発で事故があったらここの集落ではどうやって逃げるか決まっていますか?」
「いいや決まっておらん。」
「漁船で逃げたらええいうけどどう思いますか?」
「もう、もう、あきらめなしょうないな、とそう思います。」

伊方原発を再び動かすということは、佐田岬半島に昔から静かに暮らし続けている5000人の人々の命を切り捨てるということだ。

P1070182.JPG

7/27愛媛県美術館で行われた、菅直人さん(元総理)、長谷川健一さん(飯舘村酪農家)の対談。
「3.11とこれからの日本を語る」
まずは一人一人のお話から。

菅直人さんのお話


長谷川健一さんのお話


そしてお二人の対談
posted by ウミスルメ at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

小豆島 内海ダム

小豆島、寒霞渓で、若い野生の牡鹿に遭遇、岩の上で悠然とたたずむその姿に感動!

DSCF8514.JPG

シカに遭遇した後、瀬戸内の小豆島、寒霞渓の展望台から撮った一枚。
無駄に巨大な内海ダム(うちのみダム)が写っています。
ダムのすぐ下には大勢の人々が生活しています。
こんな巨大なダムは必要ないと反対する人々の訴えを聞かず、建設されてしまいました。
内海ダムの再開発事業取消請求訴訟の裁判はまだ続いています。

DSCF8516.JPG

小豆島・新内海ダム事業認定取消訴訟の公正な判決を求める署名にご協力をお願いします。

内海ダム訴訟 高松地裁へ公正裁判要求署名最終稿 のコピー.jpg
posted by ウミスルメ at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

新規建設おことわり―上関から原発のない未来へ―

◆6/29トーク&パレード
<新規建設おことわり―上関から原発のない未来へ―>

2011年3月の東京電力福島第一原発の事故以来、脱原発を訴える市民の声はかつてない高まりをみせています。
しかし、安倍政権は「原発ゼロ」の方針を見直すとしており、既存原発の再稼働のみならず、新規建設に踏み切ることが強く危惧されます。
山口県上関町田ノ浦が原発建設予定地となって30年余り、長い反対運動にもかかわらず 計画はいまだに中止にいたっていません。
このトークイベントでは、上関で原発反対に取り組み、命の海を守り続けているかたがたをお迎えし、現状と課題を語っていただきます。
原発のない日本をめざすために私たちがなすべきことは何か、一緒に考えましょう。

◆日時:2013年6月29日(土)
・トーク:午後2時〜午後4時 (開場 午後1時30分)
・パレード:午後4時30分出発

◆会場:在日本韓国YMCAアジア青少年センター地下 スペースY
 (東京都千代田区猿楽町2−5−5)
 最寄駅:JR水道橋駅 徒歩6分、御茶ノ水駅 徒歩9分、地下鉄神保町駅 徒歩7分
地図↓
http://www.ymcajapan.org/ayc/jp/

◆出演:
清水敏保さん(上関原発を建てさせない祝島島民の会代表)
岡田和樹さん(農業/上関シーカヤッカー/水辺教室講師)
Misao Redwolfさん(首都圏反原発連合/イラストレーター)
コーディネーター:菅波完さん(高木仁三郎市民科学基金事務局)

◆参加費:1,000円

◆定員:200名(要予約)

◆申し込み:下記予約サイトで受け付けます。
http://urx.nu/3Lok
もしくは、Fax03(3357)3801(原子力資料情報室)まで。
*できるだけ予約サイトをご利用ください。
サイト、FAXとも6月28日(金)午後5時まで受け付けます。それ以前に定員に達した場

合は受け付けを終了いたします。

◆パレードお手伝い:PARC野菜デモ
◆パレードのアピールは、上関・祝島に関するものでお願いします。

◆主催・問い合わせ:上関原発どうするの?〜瀬戸内の自然をまもるために〜
         (略称:上関どうするネット)
http://kaminoseki.blogspot.com/
e-mail: dousuru_net@mail.goo.ne.jp

img015.jpg




posted by ウミスルメ at 08:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。