2014年08月10日

伊方原発

伊方原発
もし、ここで事故が起こったら佐田岬半島に住む人々は逃げることができません。
原発事故が起こるのは、津波や台風などの災害時が考えられるので、船で避難することは現実的ではありません。

P1070173.JPG

元首相の菅直人さんと、飯舘村の酪農家長谷川健一さんの伊方視察に同行した。
二人とも、炎天下、とても熱心に伊方原発とその周辺の集落を歩き回り、地元の人の声を真剣に聴いた。
本気で原発を止めようと動いているのだと感じた。

2014年7月27日 愛媛新聞朝刊
スキャン 21.jpeg

伊方原発の近隣の集落の多くは、急斜面に平たい石の石垣を築いて建っている。

石積みの階段を長々と登った先で、1人のおばあさんと出会った。
「伊方原発で事故があったらここの集落ではどうやって逃げるか決まっていますか?」
「いいや決まっておらん。」
「漁船で逃げたらええいうけどどう思いますか?」
「もう、もう、あきらめなしょうないな、とそう思います。」

伊方原発を再び動かすということは、佐田岬半島に昔から静かに暮らし続けている5000人の人々の命を切り捨てるということだ。

P1070182.JPG

7/27愛媛県美術館で行われた、菅直人さん(元総理)、長谷川健一さん(飯舘村酪農家)の対談。
「3.11とこれからの日本を語る」
まずは一人一人のお話から。

菅直人さんのお話


長谷川健一さんのお話


そしてお二人の対談
posted by ウミスルメ at 12:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。