2012年02月03日

中電さん、さようなら!

あの日から1年です。

中電さんさようなら.jpg

【転載大歓迎】上関どうするの?〜瀬戸内の自然を守るために〜ブログより

2月20日(月)夜、以下のイベントを開催いたします。
チラシは http://goo.gl/Ojx7S からダウンロードできます。

--------------------------------------------------------------------------------

「中電さん、さようなら」命の海を守り続ける!
〜〜山口県「上関・祝島」を写真で見る報告会〜〜


瀬戸内海の西側、山口県上関町に原発建設計画ができて30年。
対岸の祝島(いわいしま)の人たちは豊かな海を守るため、計画に反対し続けてきました。

2011年2月21日未明、夜陰に乗じ中国電力は数百人の作業員・警備員を動員し、上関原発予定地田ノ浦の埋立て作業を強行しようとしました。そして、福島原発事故の悲惨な体験を経てもなお、上関原発の建設をあきらめていません。

命をかけて原発に反対している祝島の人たちを撮り続ける那須圭子さんを地元山口県からお迎えし、写真を見ながらお話を伺います。

また、「奇跡の海」と呼ばれる上関町・田ノ浦の生態系のすばらしさを、日本生態学会上関要望書アフターケア委員の山下博由さんに解説していただきます。

皆さんの参加をお待ちしています。

●日時:2012年2月20日(月)18:30〜20:30(開場30分前)
●会場:渋谷区立消費者センター5階 第一会議室
(渋谷区渋谷1-12-5/渋谷駅から徒歩7分、Google Map)

●スピーカー:

那須 圭子さん(フォトジャーナリスト、写真集『中電さん、さようなら 山口県祝島 原発とたたかう島人の記録』著者)
山下 博由さん(日本生態学会上関要望書アフターケア委員・貝類多様性研究所所長)

●資料代:1000円
●定員:90名

●要予約(氏名、連絡先をお知らせください)
●申し込み:

mail: dousuru_net@mail.goo.ne.jp
Fax:03-3357-3801、Tel:03-3357-3800(原子力資料情報室/担当:伴・永井)
できるだけメールでお願いします。

●主催:上関原発どうするの?〜瀬戸内の自然を守るために〜
●共催:ふぇみん婦人民主クラブ Tel:03-3402-3244

posted by ウミスルメ at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。